Home

今日のメモ

2015/10/08

私たちは、霊性の道を歩む大勢の人々 - たいていは「ニューエイジ」という言葉で総称されている人々 - が、多様性よりも一体性を重視するという時代 に生きています。そうしたことは確かに立派な霊性のゴールではありますが、そのようなゴールは、私たちの分離した世界の「事実」を否定することにもなって しまいます。その「事実」とは、私たちはみなそれぞれに異なっていて、それゆえに、異なった霊性の道が必要だということです。このことが受け入れられては じめて、異なった道は異なっている、ということが明確になります。これは一つのレベルにおいては非常に明らかなことですが、しばしば、「見せかけの一体性 を目指すために差異というものを暖昧にする必要」によって、部い隠されています。こうしたことは、一つひとつの霊性の道に対して、正しい扱い方をしていな いということになります。イエスがヘレン個人に対して、また『奇跡講座』自体の中で、常に明般に述べていたのは、彼の講座は他の道とはいかに違っているか ということです。これは、必ずしも彼の講座の方が優れているということではなく、それがユニークなものだということを意味しています。

赦しのカリキュラム(p.240)より引用

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。