Home

なにもかも

2015/09/27

なにもかも訂正に使うことができる。
文字通り何もかもで
あまりのなにもかも具合に
わらっちゃうくらい何もかも(笑)

先日YouTubeで見た奇跡講座についての動画の中で
面白い話しがありました。

・・・・・

人はみんな本棚を持っていて
奇跡講座もそこに入れたくなることがある。

本棚に追加する感じ。

これまで読んだ本のあとに追加して
過去の知識に照らし合わせて「これと同じだな」とか「ここが違うな」とか。

でも奇跡講座はその本棚の外側のことを伝えようとしている。

私たちの本棚にはいわゆる「本」だけでなく
常識とか、正義とか、あらゆる概念が含まれている。

・・・

とても分かりやすかった。

私は本当にわかってない。

何が正しいとか、どうすればいいとか。

そもそも正しいと間違っているというのはなくて

どんなことも訂正に使うことができるだけ。

・引き寄せの法則
・夢を実現させる
・オーダーして叶える
・病気が治る現実を創った
・別の次元にシフトした
・ワクワクに動く
・思えば望めばなんでもできる

こういう体験は、夢の世界に隙間を作るというか
緩める効果があり、楽しかった。
でも、これが目的でないと分かっているのと
そうでなくここにはまり込むのとでは
時間短縮に何千年も差が出るなぁ。

自我の中に「A」「B」「C」「い」「ろ」「は」「1」「2」「3」と色々ある中で
どこかに変わっただけだから。
とても分かりづらいこともあります。
まるで神か聖霊のように見えることも、よくある。
いかにもそれらしく映ったりします。
よく引っかかる。

誰かに、しあわせな自分、平安な自分をアピールしたくなるのも同じ。


とても気づきづらかったり。

入門書として

2015/09/26

基礎的な解説としてJACIMからDVDがでました。

DVDビデオ:原因についてのコース/『奇跡講座』の概説
とても丁寧に解説されている内容。
本よりも入りやすい人もいるかもしれない。


実はこれまで、奇跡講座を読む前に「神の使者」をオススメしていましたが
奇跡講座入門―講話とQ&A
赦しのカリキュラム
の方がよい人もいる。と思うようになりました。


それから、よく分からないけど気になる、知りたい、
という友人たちに、
私の知っている範囲でお伝えする機会があるといい気もしてきました。

興味があったら声かけてください。