Home

不食な話題

2015/06/22

榎木孝明さんの「不食」が
周囲でちょっと話題になっている。

「不食」について
興味ある。私もやったことある。とか
そんなのが多いと思っていたけど
「不食」って、意外とまだ認知度が低いんだな!
と感じられるのも沢山あった。

私は興味ありよ∈^0^∋
数日〜1週間くらいの酵素断食は何度もしていて
この4月頃には2週間くらい食べないことがあった。

飢餓感はなかったし
気分がよくて身体がすごく軽くなるんだよ〜♪

食べなくても平気と分かってるし感じてもいる。
むしろ食べない方がいいなと思う。
ただそれでもその時は、筋肉が細くなって、
力が入らなくなった。
まだ納得していないところがあるんだね〜。
体重が34kgになったあたりで
なんとなく食べようかなと思って食べたよ。

で、今は食べている。
食べる楽しみはまだまだやめられない感じがあったり
あとは、人とコミュニケーション取るときに
「食」というのが切り離し辛い時が多いんだよね。

今後どうなるのか、流れにお任せするわ。

不食について読んだ本はこれ。
食べない人たち (「不食」が人を健康にする)

面白かったですよ(^^)

 

奇跡講座(や、その前にとオススメしている「神の使者」)が難しい
と言う話を良く聞く。

私は、とてもやさしさを感じながらドンドン読めるんだけど
そういう人は少ないようだ。
素晴らしいのでまずは読んでみて!とオススメしてるけど
そもそも、読み進めるのが辛い、ということもあるみたい。

難しいと感じるのは、言葉を追うからだろうか?
よくわからない。
自我の抵抗なの?
単に表現方法が合わないのかも?

十人十色だしね♪

 

奇跡講座の美しさは

例えば
身近な人が死んでしまうのと、
交差点の信号が赤から青に変わることに
差がなくなるような感じです。
どちらも大切だけど、どちらも重要じゃない
そんな感じで
そういうのは白けたように聞こえるかもしれないけど
そうではなく
そいうことの全てに、安心と安全と平安とヨロコビが
常に変わりなく寄り添っている感じで
何かがあればうれしいとか良かったというようなことと
種類とかスケールが全く違うことなのです。

私の本はバラバラに切断してあったので
三部作セットを買い足した(^^)
Amazonとかでバラで買うよりお得だからね♪
たった¥12,800で永遠の平安へのヒントを得ることができる
お金にガチガチになっている私たちに
なんとやさしいやり方なんだろう!

本の作成に関わった全ての方に
深く感謝。。。