Home

あいだよ

2015/03/15

ブログを見たお友だちからのメール(編集)

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

あたし、本当にお母さんなら元気になるんじゃないかって信じていたから、知った時、ボロボロ涙が出てきてしまったよ。
全然会ったことないのにね。

すみそさんの清々しさに対して、なんであたしは泣くんだろう、、、

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

急に知ることになって、ビックリさせてごめんね〜♡
こんなお返事しましたよ。

゜*。・*゜ .・。*゜。゜*。・*゜ .・。*゜。

ホント、会ったこともないのにねー
泣いてくれてありがとう(*^^*)

○○さんが感じたその気持ちを翻訳するとしたら
会ったことないけど「愛してる」
何かを失って寂しい、そこを埋めるために「愛して欲しい」だと思うよ。

私、前の猫が死んだとき、
すごく哀しくて1ヶ月くらいは泣いてたんだけど
ある日、そうだって分かったの。

で、「愛してる」と「愛して欲しい」は違うようだけど同じ。
愛に寄り添った気持ちだった。
でさ、本当はいつも愛の方が寄り添ってくれていて
離れたこと無いから、出てくるならどうそ安心して感情を味わってね(^^)

このシンプルな翻訳、自分が愛そのものだって実感できて
うれしくなるんだよ〜♡

私はとても元気ですi(^^)i
ちょっとお片付けブーム到来(笑)

少ししたらまたお茶かご飯行きましょう〜♪

゜*。・*゜ .・。*゜。゜*。・*゜ .・。*゜。

ね☆(^_−)v
納得、ってお返事もらいましたよ。
うれしいね。ありがとう。

広告

3月6日

2015/03/12

母が息を引き取りました。

最後のほうは水も飲めなくなり
結局50日以上食べ無かったけど
1日前まで意思疎通は可能で、細く会話も出来ました。
モルヒネのコントロールがうまくいって
痛みはなくなっていたので穏やかだったと思う。

最期のあたりは、スポイトで数滴ずつ口に水をたらし
口を湿らせてあげながら見守っていました。

「大丈夫だよ。死んで終わりじゃないよ。
これから神さまのこどもになるんだからね。
ただらく〜〜にして、安心して任せてなー。」

そう言うと、殆ど動けなかったけど
ごく小さくうなずいていた。よかった伝わったね。

母の世代だと「仏様になる」の方が馴染みがありそう?だけど
「神様の子どもになる」が、なにもしなくていい感じでやさしいな~。
なんて思った。

私が1時間ほど仮眠しているときに逝ったようで
看護師さん訪問の直前というタイミング。
だから、着いてすぐ色々やってもらい
映画「おくりびと」で知られるような処置を
私も一緒にやりました。

へー、こんな風にやるのか〜!というのが色々あって、
以前とは違う便利な新方法に変わっているのもある。
ベッドでシャンプーもしてもらって
再び、吸水ポリマー、スゲーっ! (^^

お化粧とヘアーは私がやって、
フラメンコで楽しんだ白い小さな飾り花を

いい感じに使うことができました。
看護師さんや葬儀会社の人、親類に
「プロの手を必要としない仕上がり」と誉められました。(^m^)うふふ
ここで役に立つとはね♪
表情も穏やかにきれいで、焼くのが惜しいくらいだった。

母の身体は私の夢の世界からやさしく消えましたが
全てにいつでもある感じ。

こんなこともそうだけど、色々な出来事が、
サラサラ床に落とした砂とか、
流れながら形を変えていく雲とか
そういう「模様の違い」のひとつな感じで、
それが大変面白くて楽しくてうれしいです。

そして
ということで、この「介護」は終わりました♪
彼女は私に何も迷惑をかけずに逝きましたよ。
次々湧き出る愛しい気持ちを味わいながら
とてもとても良い時間を過ごせたなぁ〜。。。。
かわいい神の子「恵美ちゃん」も、楽しんだかな。

今日、後回しにしていた確定申告も終わって、一息。
あとはぼちぼち片付けていこう。

まだ「えっ?」ていうくらい気温は低いけど
すっかり日が延びて、春っぽくなってますね。
うれしいな〜。
外に出掛けたくなるね。

JACIM Books 開店

2015/03/02

JACIM 直営のネットショップ「JACIM Books」が開店
2015.2.22

あら、『奇跡講座』三部作セットがお得〜☆
2,100円くらい安いみたい♪

オススメはこの本です。
他にはない。

他にも訳書はあるけど、違います。
違いが分からない人が多いかもしれないけど、
だいぶ違います。
どれを選ぶかは
何を求めているかによる、のかもしれないけど。

不食の人

2015/03/02

母が殆ど食べなくなってから
約50日ほどが過ぎました。
一足先に不食の人です。

色んな人が「少しでも食べないと治らないよ。」
と声をかけてくれますが
私が「食べたくなければ、食べなくていいんだよ」
と言っているので
安心して食べてない。

モルヒネで時間の感覚がなくなり、
そんなに長期と認識してないのかな
とも思ってましたが、40日過ぎた頃に
「食べなくなって1ヶ月以上過ぎたね」と言っていたので
案外分かってるらしい。

先日、夜中に様子を見に行ったら
目を開けているので声をかけたところ
「まぼろしを見ていた」と言いました。

夢とも現実ともつかないものだそう。

「なんだか分からなくなってきた…」と不安そうにいうので

「大丈夫だよ〜。
何もわからなくてもいいの。
全部夢だから、楽しいことだけ考えてな。
な〜んにも心配しなくていいんだよ。」

彼女は安心しています。

みなさんもいつも安心していてね。