Home

高原避暑

2013/08/22

ちょっとした展開があり、
長野県の車山高原に2泊3日で避暑に行ってきました♪
ちょっとした展開なこともあり
ペンション一棟貸し切り状態☆

20130821車山001

サンルームや

20130821車山003

庭のハンモックで

20130821車山004

ゆっくり読書を楽しむつもりで出掛けたのですが
本格的な自転車を借りて、
ビーナスラインをちょっと走ったら
もうなんだか楽しくって、
結局40kmくらいのサイクリングしていました(^^)

20130821車山005
自転車はヘルメットも被るようなスポーツタイプ。

20130821車山006

白樺湖から車山高原まででも、標高差140mで、
更にそこそこ急なアップダウンがあるので
初心者の私としては随分走った感じ。
といっても電動アシスト付きなので、
か・な・り!楽ちんでした!
ありがとう電動!!(笑)

下り坂では怖いくらいスピード出ちゃうのと
意外と路肩がガタガタなので(雪や除雪車の影響もあるらしい)
最初はおそるおそる下っていたんですが
途中で慣れて快適に!♪

快晴か薄曇りで、ステキな雲と光

20130821車山007

そして道ばたの草花

20130821車山009

女神湖脇の湿地の花

20130821車山012

ハチが熱心に蜜を吸っていた

20130821車山011

この花の名前なんだっけ。
(追記:「ワレモコウ」です)

20130821車山010

アザミ。

次々と映し出されました。

観光としては、
白樺湖(サイクリングと散策、標高約1400m)
長門牧場(ピザとソフトクリーム、標高1,400m)
女神湖(サイクリングで散策、標高1530m)
車山高原(宿泊と温泉、標高1560m)
車山山頂(リフト乗り継ぎで360度展望、標高1925m)
って感じ。

最寄りのJR茅野駅は標高790m。
高原まででも770mの標高差があるんだね。
ちなみに避暑地で有名な軽井沢の別荘地帯は標高900m台。
車山高原の人が夏に行くと暑く感じるそうです。

20130821車山015

牧場にあるレストランでは

20130821車山016

ピザが窯焼き

20130821車山017

マルゲリータのチーズは牧場特製。

20130821車山018

モチモチでした!
生地は周囲は良く焼けていたけど中央がゆるかったので、
もっとカリッと焼いた方が好み。

そしてソフトクリーム、

20130821車山019

とっても濃厚で美味しかったよ〜!
撮影している途中で溶け始めていたけど(笑)

広々した牧場でした。

20130821車山020

牛と戯れるファミリー

でも、その後、沢山の人たちが
ビーフカレーやビーフコロッケ、ウインナー等を食べる。
家族のようになった動物たちを食べられない私には
実に不思議な光景です。

20130821車山021

車山山頂へはリフト2基を乗り継いで

20130821車山022

そこから少し歩いて行きます。

20130821車山023

結構リフトに乗るのも楽しみ。

20130821車山024

こちらは標高1925m。

20130821車山027

360度の素晴らしい展望です。

20130821車山029

20130821車山032

20130821車山035

右奥に見えるのは白樺湖。

遮る物が無いからか、気象観測レーダーもある。

20130821車山026

風が吹きっぱなしなこともあり、
夏の格好だと、もう肌寒いくらいでしたよ。
標高が創り出す気温差はすごいね。

20130821車山037

積み上げられた石。
山頂や聖地で時々見られますね(笑)
なんか、やりたくなるんだろうね(^m^)

それから、宿泊したご近所に一軒家イタリアンがあり

20130821車山038

評判が良いようなのでそこでもお食事。
クリームパスタとサラダとティラミス。
建物の外観も店内の雰囲気も、お店の人もすごく感じよくて
快適でした。

20130821車山040

パスタもいいお味。
でも私にはもっと具の多いタイプが好みだな。
自分で作るとほぼ具、パスタちょびっと、って感じなのでi(^^)i

お風呂は近くにあるリゾートホテルに入れるので

20130821車山008

そこで月を見ながら広々した露天風呂満喫!

とにかく楽しみきった2泊3日の避暑旅行でした。

お土産は

20130821車山041

くるみ蕎麦つゆ(化学調味料不使用)、クワの実ジャム、ミルクドロップ
生で食べられるらしいかぼちゃコリンキー(オレンジの)、
スープに合うらしいバターナッツ(ヒョウタン型のやつ)
加熱すると素麺のようになる素麺南瓜、緑なす。

電車だし、こんなに野菜なんて買うつもりは無かったんですが、
帰りに野菜のお店に連れて行ってもらったら
美味しそうだし珍しいので、つい買ってしまった(笑)

・・・
・・・
・・・
・・・

でも、、、♡

白樺湖の湖畔で自転車に乗って走っているとき、
ふっと歩道の15~20cm程の段差から、
脇の駐車場に落ちそうになりました。
そこで落ちると、落差を含めて自転車ごと
横にバタンと倒れながら落ちる感じ。
頭や肩から落ちる展開で、
そうなるとある程度のケガになりそうな
そんな一瞬です。

そこで、
なんとなく時間が「戻った」ような感覚になりました。
「落ちてケガをする」体験から、
平行時限の「落ちそうだけど落ちなかった」体験に
スッと移ったような感覚。
ほんの一瞬です。

この一瞬の体験が、実は
私にとっては、2泊3日の避暑全体を超えるくらいの
面白い感覚だった♪

=========

pepper-mintさん、いよいよ全部揃えましたか(^m^)

気になったらホント、やってみるのがいいですね!

私にとってはとにかく素晴らしいよ〜♪
楽しんでね♪♪♪

広告

ACIMテキスト

2013/08/17

そうそう、
うちにも奇跡講座のテキスト編が届きました。

すぐにバッサー。
裁断です(*^^*)

20130816テキストa

重いからね(-.-)

20130816テキストb

前の裁断写真を見たおともだちに、誉められたわね」みみ姫

うん!
切りっぷりが「男前〜!」って言ってもらったよ(笑)

・・・
・・・
さて、コース関連書は色々出ていますが
日本ではこれだけが正規版です。
正規版以外の殆どの本は、
本来のコースにはあり得ない妥協が入り込んでいるようです。
「神の使者」や「不死という〜」に繰り返し書かれているように
以前からよくある、沢山の違う道たち。
少しでも妥協があると、もうコースではないんだけど
同じ名前になっている。

違う道を選んだって、全然自由だけど
そこは決して外せない要とも言えるとても大事なポイントなので
知っておいた方がいいです。

結局は、完璧な順番で必要な情報が届くし、
受け取る準備がない場合は、
どんな真実を聞いても解釈がすり替わるんだから
どっちでもいいと言えばいいんだけどさ(笑)
でも紛らわしいので、別の名前にするのが親切だと思うわ〜♪

−−−−−−−−−−−−−−−−−
関連書のリストと読む順番のオススメ再掲載。

最初に読むのにオススメなのは
神の使者(ゲイリー)
原題は「The Disappearance of the Universe」宇宙の消滅。
続いて「神の使者」の続編
不死というあなたの現実(ゲイリー)
続いてACIMの取りまとめをしている人の話をまとめた
奇跡講座入門―講話とQ&A(ケン)

そして正規版本編
奇跡講座 ワークブック編(ヘレン)
奇跡講座のテキスト編(ヘレン)

です。
奇跡講座はあと「教師のマニュアル」があり
その三部作で完結だそうですが
まだ日本語化されていません。

関連書を読んだり、毎日のワークブックの実践が
楽しくて仕方ない。
本当に素晴らしい。

山歩き日記

2013/08/17

最近はちょっとした山歩きが趣味。

神戸岩の後は

奥多摩方面のウォーキングトレイルや遊歩道散策に
何度か行っていました。

駅だと
まず
古里→鳩ノ巣→白丸→奥多摩

続いて
軍畑→沢井→御嶽→川井(の手前)

再び
古里→鳩ノ巣→白丸

このあたりは軽めの登山気分と
渓谷美と河原での水遊びなど
盛りだくさんで愉しめます。

それから
所々に美味しい蕎麦屋やカフェなどお食事処があるのも魅力。
河原や山の方でおにぎりもいいけどね♪
今回の散策でのオススメは
御嶽の手打ち蕎麦「ごろう」白丸の森のカフェ「アース ガーデン」

20130815奥多摩a

20130815奥多摩b

20130815奥多摩c

20130815奥多摩d

20130815奥多摩e

20130815奥多摩f

20130815奥多摩g

20130815奥多摩h

20130815奥多摩i

20130815奥多摩j

20130815奥多摩k

20130815奥多摩l

夏を愉しんでいるよ♪

 

星たちの動き

2013/08/14

教えてもらった動画です。

新しい太陽系の動きの理論。
その紹介3Dアニメだって。
とてもイキイキ楽しそう♪

私たち、
こんな風なんだと思う。

小さく早い軌道を描く星や
ゆったり広く楕円に軌道を描く星や
色々なんだけど、
全体のひとつは見事なバランスで展開されている。

銀河系での太陽系の予想はこちら

 

遊んでるみたい☆

 

太陽系の渦巻き運動(トーマ氏のブログより)

同じになる

2013/08/11

ここのところ
ますます価値の違いがなくなっていくのが楽しい。

悪いと思われるようなことが起こっても
良いと思われるようなことが起こっても
どちらも、霧になって消えていくような感じ。

だから、引き寄せの法則とか、
こんな風に良くなった、変わった
ステキなことが起こった、
みたいなことも、ホントに遠くなってる感じで
どっちも夢だね、、
悪いことが起こるのと
ああ、違いはない、って
同じように霧の中にスーッと吸い込まれるのを
再認識しているような感じ。

強いて言えば、
今はこの書き替えに最も価値を感じている♪

これはホントに、、楽しい・・。