Home

光のこども

2012/12/23

2011年11月終わり頃
去年のことです。

・・・・・・・

横浜・大桟橋にワークショップに行っていました。

広い会場

20121222光のこどもa
(ホールのサイトから画像拝借!Thanks)

窓もとても大きい。

20121222光のこどもb

そこで、
周囲に人もいましたが
ぼーっと窓を見ていたときのこと、

20121222光のこどもc

窓の左向こう、数メートル先に何かが現れました。

20121222光のこどもd

幼稚園の子どもくらいの大きさで
そこに居ます。

20121222光のこどもe

なんというか、実際に物理的に見えた訳じゃないんだけど
明らかにその位置に居てこちらを見ていて、
大きさもハッキリわかる、
輪郭はぼんやりしていて、光でできているこどもみたいな感じ。

20121222光のこどもf

意識を向けると、光のからだがハッキリしてきて
細い体に手脚があるだけで、洋服は着ていない。

20121222光のこどもg

でも目があるのは分かって、
口はないんだけど、ほほえんで、ゆらゆらしている
そんなエネルギーが伝わってきた。

「宇宙人だっ!」って、迷わず思いました。

イラストだと、見た目もそうかもしれないけど(笑)

その時どうして宇宙人って思ったかと言うと

その存在のエネルギーというか、波動、周波数みたいなのが
あまりに自分の知っているものと違っていたから。

20121222光のこどもh

そのちっちゃい光のこどもは、
見渡せる限りを、包み込んでいるのが分かったから。

見渡せる限りっていうのは
スカイツリーとか、飛行機から見るような、そんな範囲。
その全体を、ちっこい光のこどもがすっぽり包み込んでいるのだけが
どうしようもないくらい確かに分かりました。

20121222光のこどもi

震えるような感動に包まれた・・・・。
泣けてくるような感じ。

20121222光のこどもj

その存在が包み込んでいるエネルギー・周波数を
もし言葉にするとしたら
「愛」とか「恵み」とか「豊か」「悦び」
そんなあたり。

・・・

消えないでね、消えないでね、もう少し。。。

20121222光のこどもh

と、そのエネルギーを体感していると
ふっと一瞬で、私の右横、すぐ目の前に移動してきました。

20121222光のこどもk

「会いに来てくれて、近くに現れてくれて
ありがとう・・・・・」

20121222光のこどもl

そっと抱きしめました。

20121222光のこどもm

「ありがとう。。。」

・・・・・・・

しばらくすると、
余韻を残しつつ、スーッと元のエネルギーに戻った。

スバラシイ体験でした。
今でもいつでも体感が蘇る。

この年、私は引っ越しをして
そこでなんとなくUFOを見るような気がしていたけど
UFOは見てないけど宇宙人に会った。

・・・・・・・

でね、
1週間くらいして、フッ… と思いました。
「でもさ、私たちだって宇宙人だよね。。」って。

そう、
そうして分かりました。
あれって、ほんとうの私たちだったんだ、って。

20121222光のこどもh

みんなあの光のこどもで
みんなそれぞれが
体験のために3次元世界を開いているんだって

20121222光のこどもi

圧倒的に雄大で、まるで次元の違うような
豊かで軽やかな
何もかも包み込む光のようなエネルギー
いつもそれは私たちの中にずっとあります。
私たちそのもの。

ほんとうに素晴らしいのです。

冬至明け

2012/12/23

2012年の冬至にマヤ歴が終わっていると言うことで
一部で話題になっていましたが
いかがお過ごしでしたでしょう。

20121221冬至b

今年の夏頃に、もっとずっと続いているマヤ歴も
既に発見されていたそう?ですが(^m^)

私はおぼろの月を見たり、猫を撫でたりしながら
降り注ぐ光を感じていました=^ェ^=。

IMG_6303
(フェンスに飾った我が家のイルミネーション)

その後、なんとなく眠くなって寝て
異次元の話しをしている夢をみながら目が覚めた♪

とにかく、色々変わっているし、
もっと変わって行く。

20121221冬至a
みんながそれぞれ完璧な体験をしている確信が強くなってます。
そして今の100を超える体験が、
段階的に起こっていくのも分かる☆

楽しい♪

・・・・・・・
オススメの本をまとめました。
随時更新していきます。

動画2本

2012/12/10

最近見た動画のオススメ2つ☆(^^)☆

 

「何も悪くはない:アジャシャンティ」

この在り方で、いいんですね。
リラックスして楽しもう♪

「Dr クオンタム フラットランドに行く Flatland」

フラットランドから3次元へ、
私たちはその次にフィールドを移すとき☆
多次元・パラレルワールドだよ♪