Home

山の上の人々

2012/10/28

今日の午前中に、家の時計が2個、断続的に止まっていました。
止まったのは別の時間だけど、
それぞれ、私がその時計たちを見る1〜2時間前らしい。
そろそろ本気で時間の概念を手放す時なんだ、と感じました☆
楽しい。

==============================

さて、先日は、昭和記念公園の満開のコスモスと
足を伸ばして、少し紅葉が色づいた御岳渓谷に行ってきました(^^)

コスモス畑は案外沢山あって、なかなかにキレイだった〜(*^^*)。

花は光に向かっていました。

園内、案外広いんですね〜。

御岳渓谷も清々しくて、透明度の高い水に吸い込まれそう。

プチ紅葉でしたよ(^^)。

楽しいね♪
・・・
・・・
・・・

さて、
私は「アミ小さな宇宙人」というお話しが好きです。
それぞれ読み切りですが、「もどってきたアミ」、「アミ 3度めの約束
の3部作で完結。
読んだ方も多いのでは?(*^^*)
微妙なネタバレなのでこれから読みたい方は
また読んでからどうぞ(^^)


・・・
・・・
・・・

2冊目「戻ってきたアミ」の一コマ

アミと主人公たちが、
もうすぐ惑星ごと滅亡するある星の上空を飛んでいる時のこと、

その滅んでいく惑星で、
愛のレベルが一定以上に高くなっている人たちを
宇宙の別の仲間達は救出しています。

地球人が宇宙人と読んでいるような別の惑星の人たちが、
地球の滅亡時に、一部を助けてくれるような感じですね。
アミと主人公たちがその惑星の様子を見ながら、
ある山の上を通りかかったとき、
助けを求めている一団がありました。

彼らは山の上の方で、仲間達だけで平和に暮らしていたのです。

・・・

けれども

彼らの中からは、一人も救ってもらえなかった。

・・・

なぜなら、
彼らはその惑星がどんな状況にあるか知っていたのに
問題の解決に直面・協力せず、自分さえよければと、逃げ出すことを選んだ。
「健康な生活、心身の浄化、精神の進歩」
といった名目にカモフラージュされたエゴイズムによって逃げただけだから。
自分たちに何かできることを試みることを放棄して、山で生活していたから。
といったような理由。
とても印象に残るエピソードでした。

そうだねー、それはエゴだよ〜。。

と、
私もずっとずっとず〜っと….思っていました。

でも、今年の春先
あることに自分が直面したとき、パッと見えたんですが、
それとは、
ちょっと、
違っていました。

なんかこう、
山の上の一団の人たちには、

意識の下に隠された罪悪感のようなものがどっしりあって
それによって、結局「自分」を本当に愛せていなかった
それこそが、深い深いところで、愛が足りなかった
って、ことなんだ、、、、☆ ってね。

それが分かったとき、
地球全体をとてもとても薄い、膜のように覆っているものが見えました。

これまで、使っていることを自覚していないくらいなんだけど
とにかく、薄いけど全体をしっかり覆っていて、
表面には見えてないけど、
とんでもなく大きく影響していたことが見えて….

大変感動しましたよ。
いや、ほんとに。

地球の表面には見えないけど、膨大な地下水が地面の中を流れているような
それがとにかく全体を包んで覆っているような、
そんな感じ。

そして、私たちのこれまでのあそびがアミの本からストレートに受ける印象で
今は、私たちの中から、そこを超えようという時期になったのが
よくわかります。

これは本当に新しくてすごい楽しいことです。

アンフィニやバシャール、マネーゲーム、空なんかの視点ですね。
大きくひっくり返るような愉しいことです♪

閃き

2012/10/16

「ひらめき」って漢字で書くと「閃き」

え、知ってた?(*^^*) ←マジで漢字苦手(笑)

「門」の中に「人」

この構図は見たことあるよ〜(笑)

これね☆

自分で創った制限の枠に入って、体験を楽しむ私たち。

すき間から、時々無限の情報のひとつを取り入れる

これが「閃き」なんだな。きっと。

実際はもっともっともっと無限だけど
こんな感じだね。

この「門(枠)」、自分で創った、というところがすごい☆
そして創ったと完全に忘れたこともすごい!

今度は、それを思い出して
枠から出始める流れに変わって来ている。

ああ、たのしい〜!

ひらめき-2

2012/10/16

きのうの続き、というか補足的に

「前世」の記事でご紹介した「降参」の本が分かりやすかったので
同じ図を使います(^^)

こんな風にちょっとしたふくらみで「生まれた」
と思う体験をしている私たちだけど
ほんとうは全体と最初から別れてはいないので

いつでも好きなときに、どんな情報や可能性も使うことができるんだけど

こんな風に溜まった何かとか、観念とかがあるから

この「ちょっとしたふくらみ」と「ほんとうの全体」みたいな間
パイプがこう、詰まったような感じになって

それで欲しい情報を得られずに、グルグルしたりしている。

つまり、この詰まりを取れば、いいだけ。
それだけ♪

どうするかというと、
頭で考えるのをストップすると良いんですよね。
瞑想がいいと、よく言われています。

でも、瞑想ってやってみるとわかるけど
すぐに何か考えちゃうんです!
最初は1〜2秒くらいしか、思考をストップできない(笑)

他に、ヨガもいいんですが
普段と違う動きをしていると、案外思考がストップする。
私のヨガとの出逢いになった「スピリチュアル・ヨーガ」を読んで
そういうことなのか〜!って分かりましたi(^^)i

ヨガは当時住んでいた近所でクラスをやっていた
ステキな先生と出会ってしばらく楽しみました。

ここのところお休みしているけど、またやりたいな。
呼吸法もヨガで教えてもらいましたが、これも好き♪

あと、レイキという気功ヒーリングもやりましたが
これもよかった。
レイキを流していると、とても気持ちよくて
瞑想しているときよりず〜っと瞑想状態に近い感覚になります。
深いリラックス・・・・。

今は
レイキって結局、本当の自分のエネルギーだったな〜
って思う。

・・・

この「詰まり」を、これまでになくスッキリ取る時期に
地球そのものがシフトしつつあるんだよね☆

この「詰まり」を取らない体験もオッケーで、
やりたいことをやればいいんだけど☆
私は取るよ〜というのはハッキリしています。

で、シンプルに毎瞬ワクワクしてたのしく、満ち足りていることが
この詰まりを取る、強力なツールでした。
楽しー=^ェ^=

難しいことはなくて、
本を読んだりセミナーに通ったりしなくても
そんな風に生きている人って、見渡すと、
いたんだよね〜〜(^^)
ほら、、いませんか〜(^^)

「そんなことってあるんだね〜」というような出来事を
結晶化させている意識体。

楽しいね♪

・・・

ひらめき

2012/10/15

何かが「ひらめく」ような
あ、そうか! と 突然何かがハッキリ分かる
どこからか突然、振ってきたように分かる感じ。
でもなんだか確信に満ちている。

これをタップリ楽しめるのも、あたらしいあそび!

ヨガ、呼吸法、瞑想、なんかがいいんだけど
・損得無しで惹かれること・ワクワクすることをやる
・キレイなものを見たり、気持ちよいものを触ったり等、ただ、たのしむ
・笑う
なんていうのが強力i(^^)i
カンタン&楽しいのが新しいよ〜♪

上下

2012/10/12

何かゴロンと出てきたとき
「これを自分に戻せるんだ!!やった!」と思って
楽しくなると、それだけでスーッと流れる♪
ドンドン、カンタンになる☆

======================

・・・

ところで、今日テレビに出ていた日本人女性宇宙飛行士のお話し

「ロケットで宇宙に行くのは、
飛行機よりドンドン高くなる感じがするんだろう
と、当然のように思っていたけど
行ってみたら、そうではなかった。
宇宙に行くと、上も下もないんです。
だから地球を見上げる感覚になったりする」

・・・

うんうん! これ、よく分かる〜〜〜!i(^^)i

私ね、「波動の低い・高い〜」「周波数の低い・高い〜」
っていうのが、なんとなくしっくり来なくなっていて
そこにどうも、「良い」「悪い」を含んでしまって
ちょっと違う、、、、という感覚になっていたのです。

それで今は、

「ぎゅーっとしている」

「ふわっとしている」

という表現が気に入っています。
これね←(^^)

「良い」「悪い」を含んでいるのは、結局自分が…、で
その言葉自体より、どんな存在でその言葉と関わっているか
なんだけどね(*^^*)。

でも、この、上下のない「ぎゅーっ」と「ふわっ」」が
楽しくて気に入ってるのよ〜♪

・・・